MOKUMOKU LABORATORY

©  Mokumoku Laboratory

[もくもくラボラトリー]

TEL.0884-49-2908

徳島県阿南市羽ノ浦町古毛覗石37番地12(大坂工務店1F)

営業時間:10:00-18:00

お休み:火曜日(祝日の場合は営業)

木の美しさの裏側には…

2017/06/28

 

木材には有機化合物が多く含まれています。その種類は木の種類によってどのような有機化合物が含まれているのかも異なりますし、その量もそれぞれです。

有機化合物は主に芯材(木の真ん中あたり)に多く含まれおり、赤身を帯びたものだったり、濃い茶色だったりと色がついています。私たちが「この木きれいな色してるなぁ」と感じるのはこの部分ですね。

 

「きれいなバラには・・・・・」という言葉もあるように、

木の美しさを演出してくれているこの“色”が少しやっかいなのです。

実は木が健康阻害(呼吸器疾患や皮膚、喘息など)を引き起こす場合があるのですが、その多くがこの芯材に含まれる成分にかかわっていることが多いのです。

 

例えば、色味が美しいことで有名なローズウッド、チーク、黒檀などは、“キノン”などの色素を含んでおり、呼吸器の疾患や皮膚炎を引き起こす可能性があると言われています。

この色素があるから芯材の色が濃く見た目が美しいのに、健康阻害の恐れがあるんだったら使えないじゃないか…ということになってしまいます。

 

私たちは、木の美しさをそのまま保ちつつ、人体に有害な成分を抽出して健康が起きにくくする特殊な設備と技術を有しています。

木の家や自然素材の家具を作りたいけど、呼吸器に不安がある家族がいる、皮膚が弱いなどでお悩みの方は是非ご相談ください。

 

 

タグ :

Please reload

お知らせ

最近の投稿

Please reload

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload